チーム医療の課題

看護の仕事をしている方は「チーム医療に携わって仕事をしてみたい」と考えている方がいると思います。チーム医療に加わることが出来れば、専門分野外の知識も得ることが出来ますからスキルアップにも繋がりますし、仕事などもスムーズに行える可能性がありますからね。しかし、チーム医療はまだまだ少ない存在なので課題も多い医療となっています。

では、チーム医療の課題とはなんでしょうか?チーム医療の問題点として考えられるのはまだチーム医療に携われる専門院が少ないという点が上げられます。病院ではそれぞれ「チーム医療をはじめよう」と考えていますが、チームに入れる人材がいないと感じているところも少なくありません。チーム医療に携わるには専門的知識や経験がある人材が必要となりますから、こういった人材確保の問題が上げられるでしょう。また、各医療専門職が集まって治療に取り組んでいくため、まだまだ他の分野の専門性への理解が難しいという課題もあります。各専門職が提案をしても理解出来ないこともあるかもしれません。そして「チーム医療は患者さんにとって本当に良いのだろうか?」と感じている方も多く、チーム医療について疑問を持っている看護従事者が多いのが現状です。多くの看護従事者が関わることで「余計に患者さんの不安を仰ぐのでは?」と感じている方もいるようです。しかし、患者さんのことを考えれば専門知識がある専門職が携わった方が安心して治療を任せることが出来るのではないでしょうか。
チーム医療はまだまだ課題が多い医療ですが、チーム医療が当たり前になってくると看護の世界も変わってくるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です