患者さんの満足度を高める

看護の仕事をしている方は常に病院にいることになりますから、病院という存在を身近に感じている方が多いと思います。しかし、患者さんにとって病院というのは「出来れば行きたくない場所」のはずです。入院を強いられた患者さんの多くは「早く家に帰って普通の生活に戻りたい」と思っています。そのため、入院生活が長引けば長引くほど「入院生活が辛い」と感じる方が増えていくでしょう。

こんな患者さんの負担をカバー出来るチーム医療という方法があるようです。チーム医療というと、重篤患者さんの治療をイメージする方が多いと思います。確かに病状が重い場合には治療も難しいですから様々な分野からアプローチすることが出来れば心強いですよね。しかし、チーム医療の存在は治療をすることだけが目的ではありません。それは、患者さんや患者さん家族の満足度を高めていくことです。患者さんは入院をしているというだけで不安なものであり、患者さん家族にとっても「これからどうなるのだろう?」と心配している方がほとんどなのです。チーム医療により精神的サポートを行うことが出来れば入院生活もそれほど辛いものとはならないでしょう。治療をする際には前向きな精神状態というのも大切ですからね。「治そう」と思っている患者さんと「もうどうでも良い」と諦めている患者さんでは、同じ治療をしても効果が変わってきてしまう可能性があります。前向きに治療を進めるためにもチーム医療の存在というのは大きなものとなるでしょう。
このように、チーム医療は様々な面から大切な存在となります。患者さんだけではなく、患者さん家族のこともサポートしていく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です